「みんなのよい食プロジェクト」を進める上で、食の担い手である子どもたちに対する食農教育は欠かせません。JAうつのみやは「少しでも農業や日本の食問題に関心を持ってもらいたい」との願いを込め、管内の小学校等に毎月、JAグループの家の光協会が発行する子ども向け月刊誌「ちゃぐりん」を無償寄贈しています。

 2000年から始まった寄贈は好評で「冊子がぼろぼろになるまで読んでます」などとお礼の便り=写真=が届いています。同JAでは、今後も「ちゃぐりん」を活用した食農教育に力を入れ、子どもたちに食と農を身近に感じてもらえるように活動していきます。