温かい鍋料理が似合う冬の食卓。そこに欠かせない白菜や大根、ネギをはじめ、本格的な出荷シーズンを迎えたイチゴなどの新鮮な野菜が人気を集めています。那珂川町馬頭のスーパー「かましん馬頭店」に今年4月、JAなす南の地元農産物直売コーナー「インショップ」がオープンしました。 

 毎日、旬の野菜を届けているのは、馬頭地区の生産者を中心とする「ばとう直販会」(鈴木秀治会長、30人)の皆さんです。コーナーに氏名や写真を掲げ、安全・安心に責任をもって生産していることをアピールしています。鈴木会長は「お客さんの声を直接、聞けるので楽しいです」と手応え十分。「店側と情報交換ができるなど、直売所とはまた違ったいい面があります」と話します。

 JAなす南のインショップは、このほか那須烏山市金井のスーパー「たいらや烏山店」と那珂川町小川の「スーパーあかしや」の2カ所にあり、地産地消の推進に一役買っています。各店では生産者がもちつきなどのイベントを開くこともあり、消費者と交流したりインショップをPRしたりする場になっています。

 生産者の顔が見える地元への農産物の販売は、野菜ばかりではありません。JAなす南は、那珂川の清流と八溝の豊かな自然に恵まれた管内で生産者が丹精したコメを、独自に精米にし、「JAなす南のこしひかり」のブランド名で取り扱っています。つきたてのこのコメは直ちにパッケージされ、その日のうちに管内の各支所の店舗やインショップ、直売所などに届けられて、販売されます。

 [写真説明]新鮮な地元産野菜を取りそろえるインショップ。生産者(写真右)が買い物客に商品を説明する=那珂川町馬頭のスーパー「かましん馬頭店」


JAなす南
代表理事組合長 岡崎博威
組合員数(平成16年度) 1万1643人
扱い高(農畜産物、平成16年度) 37億6884万2000円
住所 那須烏山市熊田268の2
電話番号 0287・88・7733