JAおやまでは、昨年10月に心身の健康づくりを図るため、「ふれあいウオーキング」を開催しました。地域住民を含め70名の参加者はウオーキングで汗を流し、地産地消のバーベキューで交流を深めました。ウオーキングは「脳を活性化させ五感を鍛える」等を学習したことを踏まえ、実際に歩いたものです。参加者は「日々の生活にウオーキングを取り入れたい」などと話していました。

 また、女性会では「自分の健康は自分で守ろう」というテーマで健康教室を開催しています。参加者は骨盤体操や腰痛体操を体験し、一人でもできるようにと熱心に体を動かしていました。

 健康寿命は「介護を受けずに自力で生活できる年齢」とされており、元気高齢者がいきいきと暮らせる地域社会づくりをめざしJAのくらしの活動は一歩ずつですが、活動の輪を広げています。

 [写真説明]女性会支店別講習会で簡単にできるストレッチを実践