JAしおのやは組合員や地域の皆さまを対象としたイベントや、次代を担う子どもたちに食への感謝の気持ちを育んでもらうため、食農教育活動に取り組んでいます。

 昨年は、野菜の栽培講習会や水稲・農薬研修会、地元産牛肉「とちぎ和牛」を使ったバーベキューを実施しました。

 食農教育活動では、地元の保育園児約100人がサツマ苗植えを行い、秋には芋掘り体験をしました。

 今年は、7月26日に住宅展示場の見学会を開催します。

 新築や改築をお考えの方は住宅展示場を見学しながら、住宅ローンや消費税対策の研修会を行います。

 見学後は、茨城県のめんたいこ工場と日本一の収穫量を誇るメロンの産地JA茨城旭村の農産物直売所「サングリーン旭」を見学します。

 8月には地産地消イベント「とちぎ和牛を食べよう!」を予定しています。

 当JAでは、組合員や地域の皆さまに「食」と「農」の大切さや、くらしの提案を呼び掛けながら「みんなの身近なJA」として親しんでもらえるよう、JAのファンづくりに向けた活動を展開していきます。

 [写真説明]食農教育活動を展開