お正月まであと2週間。お正月といえばおせち料理ですね。おせち料理は、縁起が良いとされる海の幸・山の幸を使い、それぞれの料理に願いを込めて、保存ができるように調理したものです。例えば、数の子は子孫繁栄、黒豆はまめ(健康)に暮らせるように、きんとんは黄金色の小判をイメージして財産がたまるように、さらに、だて巻きは巻物(書物)に似た形から、知識が増えるようになど家族の幸福への願いが込められています。みなさんのご家庭でも、毎年これだけは作るというその家に代々伝わるおせち料理があるのではないでしょうか。

 一年の初めに、家族そろっておせちを囲むとき、料理に込められた願いや作るときのコツなどを話題にしてみませんか? きっといつもの年よりもおいしく、家族への思いも感じられるのではないでしょうか。