梅雨入りし「食中毒」が発生しやすい季節になりました。

 ●食中毒の予防には、まず、細菌を食物に移さないよう十分な手洗い、さらにはふきん、まな板、包丁などの調理器具を清潔に保つ必要があります。

 また、食品を冷蔵庫に入れることで安心してしまいがちですが、冷蔵しても細菌は死ぬわけではありません。早めに使い切るようにしましょう。さらに、冷凍しても細菌は休眠状態になるだけで、室温になると増殖を始めますので、冷凍後一度解凍したものの再冷凍は避けましょう。

 ●食中毒になりにくい体を作ることも大切です。みそや納豆、ヨーグルト、チーズなどの発酵食品は、善玉菌を含み腸内の粘膜を鍛えてくれます。たくさん食べて、この季節を元気に過ごしたいですね。