私たちは春夏秋冬、四季の中で生活しています。

 四季折々の旬の食べものは、私たちの目や舌を楽しませるとともに、季節の温度変化に対応し、体温調整ができる体にしてくれます。

 例えば、春に食べる山菜などの苦味は、春のぽかぽか陽気からくる「のぼせ」を防ぎ、夏のキュウリやスイカなど水分が多い野菜は体の熱をとってくれます。また、秋に獲れる脂ののった魚や、栗・イモ類の栄養分は、冬の寒さに耐えるよう脂肪を蓄えた体をつくってくれます。

 冬のダイコン、ゴボウ、ショウガ、ネギなどは、寒さから体を温めて風邪の予防にもなります。このように、季節に負けない体づくりをしてくれる力が旬の食材にはいっぱい詰まっています。

 最近、食べものの旬がなくなり一年中手に入るようになりましたが、隠れたパワーで健康づくりに役立つ旬の食べものを探してみませんか。