JAおやまは、「健康寿命100歳プロジェクト」を「くらしの活動」の一環として取り組んでいます。同プロジェクトは、「運動・食事・ゆとりと生きがい」を基本方針に進められています。9月には栃木県ウオーキング協会の小栗正光(おぐりまさみつ)氏を講師に、健康教室を開催しました。軽い体操と、小栗氏の講話を聞いた参加者は「ウオーキングが楽しく続けられそうです」と話していました。

 また、ミニデイサービスでは、ボランティア組織ひまわり会が地域の集会所に出向き、手芸やゲームで一日楽しく過ごしてもらいます。地元のおはやし会などの協力も得て地域に根差した活動を展開しています。

 [写真説明]ウオーキングを学んだ健康教室

 [写真説明]ミニデイサービス事業