田んぼ一面が黄金色になり、刈り取りの季節を迎えています。稲一株から取れるお米でご飯を炊くと、どの位の量になるかご存じですか?ご飯茶わん約1膳分になるそうです。大切に頂きたいですね。ご飯は和食、洋食、中華、どんな料理にも合う縁の下の力持ちのような食材です。

 また、お米は粉にしても使われます。粉にすることにより、古くなったお米でもおいしく食べられます。うるち米を粉にすると上新粉になり、今回のような和菓子や団子が作れます。もち米は白玉粉になり、のどごしのいい白玉団子が作れます。私たちの主食「米」を大切に食べていきたいですね。