最近、お母さん方から「子どもが野菜嫌いで困っている」と耳にする機会が多くなりました。

 野菜は生の状態と、加熱して調理したものとでは、味や香りが異なります。また、切り方ひとつでも食感が変わります。我が家の子どもたちはサラダに入るピーマンは「嫌い」でも、チンジャオロースに入るピーマンは大好きです。このように、子どもたちが嫌いな野菜も、調理次第で食べられるようになることもあります。大人の感覚で「嫌い=ダメ」としないで、お子さんが食べられる方法を見つけてみてはいかがでしょうか。それでも食べられない場合は、香りやうま味を少しずつ口に慣らすため、野菜でとっただし汁をみそ汁やスープなどに利用して、形を見えなくしてあげるのもいいかもしれません。

 さらに、食事中の「この野菜はおいしいね」という言葉は、好き嫌いを無くす最高のおまじないです。家族みんなで、何でも食べられる楽しい食卓を作りましょう。