卵をゆでると温度によって、黄身(卵黄)・白身(卵白)の固さが逆になることがあります。今回はそのことについて。

 卵をゆでると温度が上昇し、白身から黄身に熱が伝わり、白身が固く、黄身がとろりとした「半熟卵」ができます。ところが、卵をお湯の中で65~70℃くらいに保ち続けると、黄身は半熟で白身はとろりとした「温泉卵」になります。

 同じ卵でも固まり方が違うのは、黄身の方が白身より固まる温度が低いためです。黄身は65℃、白身は75℃で固まり始めます。その温度差を利用した料理なのです。

 このように、調理の時間や温度によってでき上がりが変わる食材は面白いですね。いろいろな卵料理に挑戦してみては。