昨年11月に開催された第28回JA栃木県大会で、「『くらしの活動』の展開による新たな協同の創造」が決議されました。

 「JAくらしの活動」とは、「JA食農教育」「JA市民農園」「田舎暮らし」と「高齢者生活支援」として「元気な高齢者の生きがいづくり活動」「介護保険事業」など、組合員、地域住民がくらしの中で、さまざまな思いやニーズを実現させていくために行う、組合員、地域住民による自主的な活動です。

 JAはこれらを支援するとともにJA自らも取り組み、地域に貢献していくこととしています。

 来月のJAプラザから、県内各JAをまわり、地域に根ざした「くらしの活動」を紹介していきます。JAはこれらの活動により、地域の活性化を目指しています。