PR]栃木県民共済

 

 与一伝承館多目的ホールに、勇壮な和太鼓の音が響きます。大田原市を拠点に活動する「与一太鼓」の練習風景です。小学生から大人まで心ひとつに演奏活動を続け、今年で結成25周年を迎えました。今後も地域に密着した息の長い活動を目指します。

(企画・制作 下野新聞社営業局)

力強い演奏で与一の物語を表現

小学校1年生から参加している長山拓磨君。 現在も父と弟の3人で太鼓を叩いています。

 小学校1年生から与一太鼓に参加している那須塩原市の中学2年生、長山拓磨君(14)は、火曜と土曜に行われる練習会で技術に磨きをかけています。与一まつりなど、各種の舞台でも演奏を披露しています。

 きっかけは父に誘われて与一太鼓の演奏会を見たことでした。力強い演奏にすっかり心を奪われ、父と一緒に参加することにしました。今では弟も一緒に親子3人でバチを握っています。

 小さな頃は当然ながら、単に教えられたことをやるだけでしたが、「那須与一の物語を表現した曲であることが分かってきて、演奏することがさらに面白くなりました」と長山君。曲の意味を考え、自分なりにどう表現するかを追求していく、その奥深さに魅力を感じると言います。

 部活は書道部に所属していて、日本の伝統的な文化には高い関心があるそうです。「機会があれば海外でも演奏したい。太鼓を通して日本の文化を世界に広めたい」と夢は広がります。

感性が生きる和太鼓の奥深さ

全体練習に励む長山君(右)。自宅でも毎日自主練習を欠かさないそうです。

 与一太鼓は現在60人ほどのメンバーで活動しています。週に2回の練習を基礎に、月1回の定期演奏会、地域の祭りや県内外で演奏をしています。その数は年間30回以上に上ります。小学1年生から中学生、高校生、大人まで、幅広い年齢層の人たちが一つにまとまり、勇壮な演奏をつくり上げます。
 会長を務める平山文夫さん(67)は、結成当初からのメンバーで、現在は最高齢者でもあります。何か新しいものに挑戦したいと考えていた25年前、下野新聞の「叩き手募集」の記事が目に留まりました。
 「和太鼓は体全体を使って演奏しますので、そのダイナミックさにひかれました。誰でも叩けば音が出ますので親しみやすいのですが、楽譜はあっても音階がありません。太鼓のどの部分を使うかなど、自分の感覚が重要になります」。その奥深さも魅力といいます。

地域の文化を世界に発信したい

那須神社の例大祭の演奏前。平山会長(2列目右端)も一緒に県内外の演奏活動をしています。

 与一太鼓が演奏するのは、旧黒羽町出身の作曲家 故藤田正典氏が作曲した曲です。代表曲「与一太鼓 組曲」は地元に残る那須与一宗隆公の言い伝えをもとに、その生涯を描いています。与一幼少期の弓の上達ぶりから、屋島の合戦でヒーローになるまでを、5楽章からなる組曲形式で表現したものです。
 「演奏を聴いて心を揺さぶられて涙する人もいます。その素晴らしさを少しでも広めたい」と平山さん。長野オリンピックでは、開会式に日本を代表する太鼓として、与一太鼓の音が世界に向けて響きました。平成12年には台湾での公演も実現しました。「地域の伝統文化を伝えながら、世界にも発信する存在になりたい」と抱負を語ります。

Profile

与一太鼓<大田原市>

「与一の里・大田原」の新しい伝統文化として平成5年7月に発足。作曲家故藤田正典氏が創作した曲を中心に演奏しています。各種まつりや市内外の演奏会に出演。平成12年「台湾高雄市2000旗と太鼓 フェスティバル」での演奏経験もあります。

 栃木県内で活躍されている方々を紙面を通して紹介させていただきます。
 栃木県民共済は県民読者の皆さまをこれからもサポートして参ります。