[PR]栃木県民共済

 鹿沼市内を拠点に活動する「さつきドリーマーズマーチングバンド」は、昨年12月のマーチングバンド全国大会一般の部小編成で、2年連続3度目の優勝を果たしました。新型コロナウイルス感染症の影響で、今年は大会の開催形式が変わりますが、全国大会3年連続出場に向けて練習に励みます。

(企画・制作 下野新聞社営業局)

左上から、星井田  彩季(ほしいだ  さき)さん、蓜島  悠詩(はいしま  ゆうか)さん、藤平  昌寿(ふじひら  まさとし)さん 左下から、橘井  寛太(きつい  かんた)さん、田村  美早姫(たむら  みさき)さん、柿沼  百華(かきぬま  ももか)さん
 

幅広い年齢層が県内外から集う

 「さつきドリーマーズマーチングバンド」の母体は、鹿沼市が呼び掛けて小中学生を対象に結成されたバンドです。OB、OGが育つのに伴って年齢層が上がり、今は中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広い年齢層が参加しています。住まいも鹿沼市内だけでなく、県内外から集まっています。
 平成14年の結成当初からの指導者で、アレンジャーを務める藤平昌寿代表は、「マーチングはミュージカルスポーツとも言われるように、演奏はもちろん、美しくそろった動きが重要です。8分間の演技時間の中でいかに完成させるか、全員で息を合わせて挑むところが魅力です。観客には耳でも目でも楽しんでもらえます」と話します。
 チームは平成28年に全国大会初優勝。30年、31年と連続優勝を果たしました。「本来なら今年の大会に向けて練習に熱がこもる時期ですが、新型コロナウイルス感染症の影響で、やっとパートごとの練習が始まったところです」と藤平さん。関東大会は既に中止が決定。全国大会は、ビデオ配信で順位付けをしない講評形式での開催が決まりました。それでも、3年連続の全国大会出場を目標に練習を進めています。

古代中国の架空の世界を描いたオリジナル曲「天下乃姫~華胥(かしょ)の夢みし女たちの戦い~」で、昨年のマーチングバンド全国大会一般の部小編成で優勝を飾りました。
 

演奏でも演技を見ても楽しめるステージ

 バンドにはさまざまなパートがあり、全員の息がそろわないと成り立ちません。星井田彩季さん(25)はチーム結成の時、小学2年で参加し、チームの歴史とともに歩んできました。昨年まではトランペットを担当、今年から専任のディレクターとなりました。「年齢も性別も出身地もバラバラの人たちが、目標に向かって成し遂げるのが魅力」と話します。全体を見る立場から、細部まで気配りを心掛けています。
 蓜島悠詩さん(21)はトランペット担当で、ブラスセクションのリーダーを務めています。中学生の時は吹奏楽部に入っていましたが、マーチングの楽しさに魅せられ、高校1年で入団。現在は音楽大学に通いながら活動を続けています。「観客の人たちには、演奏だけでなく、見て楽しんでもらえます。運動部並みの体力づくりが大変」と苦労も話します。

(上の写真)練習拠点である鹿沼市体育館で、ようやくメンバーが集まって練習できるようになりました。
(下の写真)カラーガードの練習風景。リーダーの柿沼さんの指導のもと、振り付けの練習をしています。

 ぜひ一度体験を練習見学を歓迎

 テナードラムを担当し、バッテリーセクションリーダーの橘井寛太さん(20)は秋田県出身。県内に就職したことを契機に、高校時代にやっていたマーチングバンドを続けたいと思い、参加しました。「レベルが高いことに驚きました。入ってすぐに全国優勝も経験できてうれしかったですね」
 田村美早姫さん(19)はキーボードを担当。フロントピットセクションのリーダーです。大学生で、足利から通いながら練習に参加しています。「昨年入団しましたが、すぐに全国優勝という貴重な経験ができました。いろいろなパートがあるし、どんな年齢でも楽しめます」。ぜひ一緒に、と呼び掛けます。
 カラーガードを担当しセクションリーダーを務めるのは、高校生の柿沼百華さん(17)。中学1年の時に入団し、過去3回の優勝のステージにも立ちました。「たくさんの人たちの声援を受けて踊れて感激しました。バンドでは学校とは違う人たちと知り合えて社会勉強にもなります」と話します。
 「魅力を知ってもらうには、体験してもらうのが一番」と、メンバーは見学を歓迎しています。

 

Profile 

さつきドリーマーズマーチングバンド(鹿沼市)

平成14年、鹿沼市の支援で結成された小中学生を対象にした「さつきドリーマーズ」が母体です。当初はマーチングバンドとバトントワーリングの2チームがありましたが、平成26年からそれぞれ独立して活動しています。イベントなどでは合同のステージも行っています。現在の団員は45人。団員は随時募集中とのこと。

※新型コロナウイルス感染症対策に留意の上、取材を行いました。
※写真撮影の時のみマスクを外してもらいました。

 栃木県内で活躍されている方々を紙面を通して紹介させていただきます。
 栃木県民共済は県民読者の皆さまをこれからもサポートして参ります。