[PR]下野新聞社

=自然=

矢板

八方ヶ原の滝めぐりで心も身体もリフレッシュ!

おしらじの滝

 山の駅たかはらを拠点に、雷霆(らいてい)の滝、咆哮霹靂(ほうこうへきれき)の滝、雄飛(ゆうひ)の滝など、珍しい名前のついた滝を巡るハイキングコース。

 木々に囲まれ、水の音、風の音を聴きながら歩く道は日ごろの疲れを癒してくれる。滝に近づけば全身がマイナスイオンに包まれ、気分爽快!心と身体が解放された心地よい気分を体感できる。

 幻の滝と呼ばれるおしらじの滝は必見。運がよければ青く輝く神秘の滝壺を見られるかも。

 

=アクティビティ=

矢板

栃木県 県民の森で「フシギ」発見!

県民の森では、ネイチャークラフト体験ができる

 グループや団体向けに、県民の森のインタープリターが同行し案内する「ガイドプログラム」を用意。自然や野生の植物・生物に詳しい専門家が森を解説しながら案内してくれるので普通では見過ごしてしまうような意外な「フシギ」が発見できる。

 キャンプ場、バーベキュー広場やマロニエ昆虫館、森林展示館などもあり、アウトドア活動を楽しみながら自然の知識も身につくので子どもにはぴったりのスポット。

 「チャレンジコーナー」は、小枝のえんぴつ作りや木製コースター作りなど、ネイチャークラフトが体験できる(土日祝日のみ。夏休み中は原則毎日。ホームページで事前確認を)。

=名所・スポット=

矢板

地元の旬の食材やグルメが楽しめる道の駅やいた

道の駅やいた

 地元の朝採り野菜を中心に新鮮で安心・安全な農産物や加工品の販売のほか、やいたブランドに認証された優れものも提供している。また、農家のお母さんたちが愛情込めて作るおふくろの味を楽しめる。矢板市限定「りんごのソフトクリーム」は絶品。

 

 

大田原

夏休みの宿題はふれあいの丘におまかせ

 大田原市ふれあいの丘・自然観察館は、自然や昆虫について楽しく学べる施設。9月2日(日)まで「世界のカブト・クワガタ展」を開催中。世界最大のカブトムシ、ヘラクレスオオカブトムシをはじめ、世界のクワガタムシやカブトムシを生きたまま展示中。 

 口径65センチの反射望遠鏡が設置されている天文館は、昼間は主に太陽の観察、夜は星空の観察ができる。夏休み中は通常の観望会のほかに特別観望会も随時開催している。

 

 

=グルメ・お土産=

矢板

りんごのソフトクリーム

 

矢板市産のりんごを使用。甘すぎず、すっきり爽やかな後味は暑い季節にピッタリ!

矢板

牛すじ煮込みカレー

地元野菜がトッピングされた、一口食べると懐かしさがこみ上げてくる味わい深いカレー。

大田原

とうがらしラーメン

 

激辛の聖地!大田原の新名物とうがらしラーメン。各店舗で異なる味付けが楽しめる。血流促進も期待できる健康“ 麺” でのおもてなし。

大田原

鮎の塩焼き

那珂川にかけられた「簗( やな)」を使った鮎の漁法は夏の風物詩としても有名。炭火でじっくり焼き上げた皮はパリッと香ばしく、身はふっくら。

 

大田原

竹工芸品

大田原の誇る国の重要無形文化財。竹の持つ弾力性や美しい光沢を活かした竹工芸。作り手のひと手間かけた工夫が合わさり、素朴で繊細な美しさを放つ。

 

矢板

あっぷるカレー

矢板の特産品りんごがカレーに!地元の高校生たちとの考案レシピ。甘いのに辛い絶妙な食感がおいしさの秘密。りんご入りブラックカレーの開発も進行中。

 

大田原

北限の紅茶「雲巌の静謐(せいひつ)」

 

厳しい自然環境で作られた爽やかな和紅茶。八溝山麓の清流で生まれた茶葉を使用。すっきりと渋みの残らない飲み心地。

 

大田原

とうがらし商品

 

とうがらしの産地、大田原!風味豊かでピリリと辛い栃木三鷹を生産。七味をはじめ、とうがらし羊かんやとうがらしどら焼きなど大田原だけの辛旨スイーツも…!?