建築方法はいろいろ。それぞれの特徴を理解して自分の理想に合った工法を選択しましょう。

木造軸組工法
 ~自由度の高い設計プランが可能~

 柱と梁を骨組みとして、家をつくり上げる工法です。日本の伝統的な建築方法で、在来工法とも呼ばれます。耐久性や居住性が日本の気候風土に適しており、特に原材料となる木材は高温多湿の気候に合っています。また、木のやさしさや木目の美しさも好まれます。
 基本的な工程は、コンクリートの基礎の上に木材の土台を敷き、その上に柱を立てます。柱に梁を水平に渡し、梁の上に屋根を設け、その後に内外装などの作業を行います。最大の利点は、融通性があり、プランの自由度が高いことです。基本構造が柱や梁なので、構造上の制約が少なく、比較的自由な間取りを設けることができます。柱の位置を自由に設定でき、敷地の条件にも柔軟に対応できます。変形住宅、狭小敷地でも建築が可能で、増改築のしやすさも優れています。
 しっかりとした施工であれば、耐震性・耐久性も十分です。大敵は湿気と水分。通風や換気などを心掛けましょう。

2×4(ツーバイフォー)工法
 ~角材で枠を組み面で支える~

 欧米で開発された工法です。「2×4」というのは基本部分の断面サイズである2×4インチに由来します。このサイズの角材で枠をつくり、合板で挟んでパネルを組み立てます。基本部分の規格は、「2×6」「2×8」「2×10」などいろいろありますが、最も使用頻度が高いのが「2×4」です。
 合板で挟んだパネルを壁、床、柱、天井として6面体の箱型をつくり、これが建物を支える構造となります。正式名称は「木造枠組壁工法」といいます。
 この工法の最大の特徴は、揺れに強いことです。パネルそのものが強固な耐久壁となります。パネルという「面」で構成される基本構造なので、地震や風などの外からの力は建物全体の各面で分散され、1か所に集中しないのです。
 また、パネルは厚い構造用合板を使用しており、断熱性、気密性にすぐれていて、火災が燃え広がりにくいことも特徴です。工法の多くはマニュアル化されており、品質が左右されず、工期の短縮も見込めます。

プレハブ住宅
 ~多くが工場で生産され工期が短い~

 プレハブとはプレファブリケイテッド(前もってつくる)の略。言葉通り、プレハブ住宅は、部材や構造体をあらかじめ工場でつくり、現場でこれらを組み立てて完成させます。基本的には工場で作られた各部材を運び、クレーン車を使って組み立てることが多く、工業化住宅、工場生産住宅とも呼ばれます。
 構造体の材質によって「木質系パネル」「鉄骨系」「コンクリート系」「ユニット」などのタイプがあります。大手メーカーによるものが多く、材料や設計・施工方法など、各社で独自の基準が設けられています。
 工場での生産率が高く、熟練した職人の技術力があまり必要とされません。現場での作業が比較的容易なことから、工期が短くてすみます。工場生産なので、耐震・耐久性などの性能や品質はしっかりと確保されています。

鉄筋コンクリート造(RC造)
 ~鉄・コンクリートの利点を兼ね備える~

 引っ張りには強いが熱に弱く錆びやすい鉄。熱に強く水を吸収・結晶化して強度を増し、圧縮にも威力を発揮するコンクリート。この両者の利点を兼ね備えているのが、鉄筋コンクリート造(RC造)です。
 構造体となる鉄筋コンクリートは、鉄筋を組み立てて柱や壁の型枠をつくりコンクリートを流し込んで固めます。基礎から最上部まで一体化しているので、耐震・耐久性、さらに気密・保湿・遮音にもすぐれています。
 柱と梁で組み立てるラーメン構造、壁と床で組み立てる壁式構造があります。前者は開口部が比較的自由にとれます。後者は柱や梁が室内に出ないため、家具などをきれいに納めやすい一方、開口部が制限されます。
 柔軟性に富むので間取りやデザインなど設計の自由度が高いのも特徴です。個性的な建物が実現でき、質感も人気があります。部材自体が重いため工期が長くなり、建物そのものや工事機械の重さに耐えられる地盤も必要です。