新築を購入する際にぜひ考えて欲しいのが、将来的に資産価値を持つ住宅を手に入れるということです。そこでポイントになるのが家を建てる地盤の状態を知ることです。不良地を購入して住宅を建てたり、不良地に建つ建売住宅を購入すると、売却時に評価も下がります。避けたい土地としては、ひな段造成地、工場跡地、砂質地盤、河川付近などです。地盤の良し悪しで地震による被害も変わってきますので、液状化現象が起こりやすい場所も避けたいものです。
 将来も資産価値を持つ住宅を購入するためには、都市計画区域内に住宅を建てるなど、失敗しない土地選びが重要です。
 地盤の状態は、国土交通省の国土地盤情報検索サイト「Kunijiban」で調べることができます。