宇都宮市駒生町のとちぎ健康の森に設置した県営新型コロナウイルスワクチン接種会場

 県は7日、新型コロナウイルスワクチンの県営接種会場3カ所で、予約なしでの接種を9日から開始すると発表した。現時点で計1万6千人分の接種が可能という。若い世代を中心に接種率が伸び悩む中、利便性を高めることで接種の加速化を目指す。

 とちぎ健康の森(宇都宮市)では9~23日、矢板市文化会館で12、13日、県南体育館(小山市)で9~11日と16~18日、実施する。3会場で接種予約の空きがあり、その分を活用する。希望者は接種券と身分証明書、予診票を持参する。

 また、通常の予約した上での接種では、これまでインターネット上での専用サイト「らくらくワクチン接種予約」からのみ受け付けていたが、9日からは電話でも可能。県営3会場のほか、那須赤十字病院(大田原市)、イオンタウン佐野(佐野市)での接種が対象となる。

 予約は県ワクチン接種会場コールセンター、電話0570・003・234。受け付けは午前9時~午後5時(土日、祝日を含む)。

 さらに、県営3会場では企業単位での1回目接種の予約にも対応する。1企業につき50人程度まで。県感染症対策課ワクチン接種推進班と日程調整をした上で申し込む。8~29日まで。問い合わせは同推進班、電話028・623・2864。