【宇都宮】佐藤栄一(さとうえいいち)市長は28日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込む市内の飲食店やホテルを支援するため、プレミアム付飲食券「みやの食べトク⤴チケット」を発行すると明らかにした。プレミアム率は30%で、特典と合わせると最大50%の割り増し。6月末から市内の郵便局窓口やオンラインで販売する予定だ。

 チケットは40万冊発行し、1冊6500円分を5千円で販売する。店内飲食のほかテークアウト、デリバリーにも使える。利用期間は12月28日まで。

 9月末までに使い切ると、特典として追加で1千円分の飲食券を受け取れるため、1冊に付き最大2500円のプレミアム分を利用できる。積極的な利用を促し、いち早く店舗の支援につなげる狙いだ。

 購入上限は1回2冊。オンラインでは1回のみ購入できる。チケットを利用できる店舗や販売開始日などは決まり次第、市ホームページなどで公表する。

 市はプレミアム分8億円を負担するため、補正予算案を6月市議会に提出する。店舗への入金も急ぎ、月3回のペースで行う。