関東財務局宇都宮財務事務所は12日、県内法人企業景気予測調査の結果を発表し、7~9月期の景況判断指数(BSI)はプラス9・2と、前回調査から26・0ポイント改善し、4期ぶりにプラスへ転じた。同局管内10都県で最も高かった。

 上昇の要因について大野孝広(おおのたかひろ)所長は「製造業は原材料費高騰が落ち着き、自動車産業が好調だった。非製造業では(小売り・卸売りで)猛暑の影響でエアコンの売り上げが上がったことや、新型車の売り上げが好調だったことが挙げられる」と説明する。