» 動画ページへ

設置されたモニュメントを前に記念撮影する外国人観光客

 日光市で6月に開催される先進7カ国(G7)男女共同参画・女性活躍担当相会合の機運醸成などを図るため、市が独自に制作した記念モニュメントが完成し、設置場所となった奥日光の中禅寺湖畔で5日、お披露目された。

 「G7 NIKKO」とデザインされたモニュメントは日光産材を使用した木製で、高さ約1・3メートル、横約6メートル。大鳥居付近の同湖畔園地に設置した。同湖や山々を背にした写真が撮影でき、新たなフォトスポットとして訪れた人による情報発信を期待している。

 関係者らを招き、同日に行った除幕式で粉川昭一(こなかわしょういち)市長は「機運醸成にぴったりのモニュメントになった。開催日に向け、市民とともに多くの皆さまをお迎えできるよう頑張りたい」と話した。除幕後は、居合わせた外国人観光客らがモニュメントを前に記念撮影する姿が見られた。

 G7閣僚会合は6月24、25日、奥日光の高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン日光」を会場に開催される。