カイロは、寒い日に必須なアイテムの一つだ。県内にはカイロ国内シェア3位を誇る「エステーマイコール」(栃木市千塚町)がある。製造しているのは使い捨てカイロ「オンパックス」など。早速、訪ねてみた。

エステーマイコール本社工場

 取材した日は、ちょうど県内各地で降雪を記録した「カイロ」日和。寒さに身を縮めていると、山口匡士(やまぐちまさし)社長(58)が温かい笑顔で出迎えてくれた。

 前身となる「マイコール」は1904年(明治37年)、上都賀郡清洲村久野(現在の鹿沼市入粟野)でカイロ灰の主原料となる「麻殻灰」の製造業を開始した。88年には、業界初の衣類に貼るカイロを発売した。2003年、マイコールは日用品メーカー「エステー」と国内販売に関する業務提携を締結。18年にエステーがマイコールのカイロ事業を譲り受け、「エステーマイコール」を設立した。

カイロの原料

 工場内では、鉄や活性炭などの原料約1トンを1回で均一に混ぜることができる設備を使い、適切な配合で混ぜ合わせていた。世界で唯一の設備という。カイロは原料の鉄粉が酸素と反応することで温かくなるため、配合によって温かさが持続する時間や、カイロの温度に変化を持たせている。

 混ぜ合わせた原料は、不織布に充塡(じゅうてん)する。酸素に触れると発熱が始まってしまうため、1分もかからない内に包装するのだという。

個包装するために流れていくカイロ本体

 山口社長は「カイロは肌に近いところで使うので、低温やけどが1番怖い。うちの工場では、マイコール時代から長く蓄積してきたノウハウを活用し、安定した品質を届けることができています」と胸を張る。

箱詰めに向けてベルトコンベアで流れていく完成品

 カイロへの愛が止まらない山口社長や広報担当者たち。商品説明をしてくれている途中、ポケットや足元から次から次へとカイロが出てきた。形や均一な薄さ、中の原料が出にくい構造にも自信をのぞかせる。

エステーマイコール本社工場

 この工場で製造しているカイロは約30種類。近年では、若年層向けに「温活」をイメージした商品も展開している。

On Style おなか40℃

 山口社長におすすめを聞くと「どれもおすすめだが、強いて言うなら、『はるオンパックスAiry(エアリー)』。軽くて薄いので、貼っている感じがせず、上着を脱いでも目立たないし、ファッションの邪魔をしない。冷え性の人や、春先のお花見の時にも、使いやすいと思います」と紹介してくれた。

はるオンパックスAiry

 働く人たちのこだわりと技術と愛が詰まったカイロは、きょうも全国の人を温めている。

~山口社長によるカイロQ&A

山口社長

 -長持ちさせるにはどうすればいい?

手に持つタイプ(貼らないタイプ)のカイロだと、ハンカチのようなもので包んで、ポケットなどに入れて使うと、温かさが長持ちします。ひざ掛けやストールの内側にカイロを貼って使用することもおすすめです。

 -体を温めるこつは?

カイロを動脈など、太い血管の近くで使うと、全身が温まります。体温を上げると、免疫力があがるなんて話も聞くので、1年通して積極的にカイロを使ってみてください。

 -カイロの正しい捨て方は?

カイロの主原料は鉄粉で、市区町村や自治体により廃棄方法が異なります。基本的には燃やせるごみで捨てて大丈夫な地域が多いですが、県内だと、不燃ごみとして出すようにという分別ルールの地域もあります。捨てる前に、お住まいの市区町村の分別ルールを確認ください。

 -温かいまま捨てても問題ありませんか? 

温かいまま捨ててしまっても、カイロが原因で、周囲のごみが燃えてしまうというようなことはないので、安心してください。