県民に対し、県内における不要不急の外出自粛を呼び掛ける福田知事=10日午後5時10分、県庁

 県内における新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、福田富一(ふくだとみかず)知事は10日、臨時の記者会見を開き、県民に対し22日まで県内全域への不要不急の外出を自粛するよう呼び掛けた。ここ数日で県内の感染者数が急増していることから、現在が感染拡大を防ぐ重要な局面と判断。特に若者に対し、軽症や無症状のうちに自らが感染源となる可能性が高いとして「危機意識をさらに高めてほしい」と求めた。

 10日までに県内で確認された感染者は32人。6~10日の5日間は15人の感染者が確認され、9日は県北で初めて陽性が判明した。県はこれまで、緊急事態宣言の対象区域7都府県や、外出自粛を呼び掛けている地域などへの往来自粛を県民に呼び掛けていたが、福田知事は「本県が対象区域とならないためには、一歩踏み込んだお願いをする必要があると判断した」と強調した。

 外出自粛の期間はウイルスの潜伏期間や、学校の休校期間を踏まえた。週末に限らず平日の外出自粛も求める。22日以降は状況を見ながら延長などを検討する。

 感染拡大に備え、医療態勢の強化も図る。現在、保健環境センターと宇都宮市衛生環境試験所で実施しているPCR検査は1日最大の検査能力が120件だが、今後検査装置を追加整備し、来週以降は最大152件まで増やす。重症患者らを受け入れる医療機関に対しては、入院患者の受け入れについてさらに協力するよう通知した。

 県内企業への休業要請について福田知事は「県から直接呼び掛けることは今は考えていない」と述べた。