政府は1日、「平成」に代わる新元号を「令和(れいわ)」と決定した。今の天皇陛下が改元政令に署名され、同日中に公布。4月30日の天皇陛下退位に伴い、皇太子さまが新天皇に即位する5月1日午前0時に施行される。皇位継承前の新元号公表は憲政史上初めて。「大化」(645年)から数えて248番目の元号で、1979年制定の元号法に基づく改元は「平成」に続いて2例目となる。

 菅官房長官は会見で、新元号の出典は「万葉集」だと明らかにした。中国ではなく国書(日本古典)から採用されたのは確認される限り、初めて。

 改元は天皇一代に一つの元号とする「一世一元」制が採用された明治以降、天皇逝去に伴う皇位継承時に行われてきた。今回は退位特例法に基づき、逝去によらない改元となる。

 元号選定手続きは平成改元時を基本的に踏襲した。政府は元号候補名の考案を依頼する専門家数人を「国文学、漢文学、日本史学、東洋史学」の分野から選び、3月14日付で正式委嘱。候補名から数個の原案に絞った。

 1日には各界の有識者による「元号に関する懇談会」を首相官邸で開いて意見を聞き、衆参両院の正副議長の意見も聴取して改元政令を閣議決定した。

■新時代にふさわしい

 福田富一(ふくだとみかず)知事の話 新たな時代の元号としてふさわしいものと思う。「平成」と同様、広く国民、県民の皆さんに受け入れられ、深く根差していくことを願っている。

極秘準備経て決定

 新元号選定の手続きは、1989年1月に「平成」へ改元した際の手順を踏襲した。政府内で候補名を極秘に絞り込む事前準備を経て、4月1日は有識者らからの意見聴取など分刻みのスケジュールの中で新元号を決定した。

 政府の事前準備では、「高い識見を有する」複数の専門家に新元号の候補名の考案を委嘱し、専門家は意味や出典を添えて提出。菅義偉官房長官は(1)国民の理想としてふさわしい良い意味を持つ(2)漢字2字(3)書きやすい(4)読みやすい(5)これまでに元号または贈り名(追号)として使われていない(6)俗用されていない-ことに留意し、数個の原案を選定した。

 その後、各界を代表する有識者を首相官邸に招いて元号に関する懇談会を開き、原案への意見を求めた。衆参両院の正副議長からの意見聴取も実施。これらの議論を踏まえ、全閣僚会議で協議し、最終的に臨時閣議で新元号が決まった。

62年の「昭和」が最も長く

 大化から平成まで247ある元号の中で最も長く続いたのは「昭和」だ。東大史料編纂(へんさん)所の山本博文(やまもと・ひろふみ)教授によると、62年と13日で飛び抜けて長い。2位は「明治」の43年9カ月と7日。明治以降、天皇一代に一つの元号とする「一世一元」が制度化されたことが要因だ。鎌倉時代にはわずか2カ月余りで改められた「短命」元号もある。

 かつて元号は新天皇の即位時に限らず、大地震や大火といった自然災害に加え、飢饉(ききん)や疫病が大流行した際などにも改められた。645年の大化から、江戸時代最後となる慶応までの約1200年の間に243の元号が存在しており、単純に平均すると、約5年に1回のペースで新元号が誕生したことになる。

 最も短いのは鎌倉時代の「暦仁(りゃくにん)」で2カ月と14日。「略人」につながり「この世から人が略される(死んで消えてしまう)」との意味が連想されるため不人気だったとされる。次いで短かったのは、奈良時代に初の「4文字元号」として登場した「天平感宝(てんぴょうかんぽう)」。3カ月と15日で終わっている。


【号外】新元号は「令和」=表面(2019年4月1日)
【号外】新元号は「令和」=裏面(2019年4月1日)