多くの観客の前を走り抜ける各国の選手たち=1990年8月

豊かな自然の中でサイクリングが楽しめる宇都宮市森林公園。残念ながらレンタサイクルでは世界選手権のコースは走れない

スタート・ゴール地点に建てられた記念碑

多くの観客の前を走り抜ける各国の選手たち=1990年8月 豊かな自然の中でサイクリングが楽しめる宇都宮市森林公園。残念ながらレンタサイクルでは世界選手権のコースは走れない
スタート・ゴール地点に建てられた記念碑

 全国から訪れた見物客約12万人が、アジアで初めて開かれた世界最高峰の自転車レースに熱狂した。

 1990年8月、宇都宮市森林公園など同市内で開かれた「世界選手権自転車競技大会ロード競技」。その灯火は92年からジャパンカップへと受け継がれ、今も多くの自転車ファンに愛されている。

 実行委員として大会誘致に奔走した日本自転車競技連盟顧問大島研一(おおしまけんいち)さん(72)=那須塩原市=は「開催には(当時の)増山道保(ますやまみちほ)市長の英断があった」と振り返る。