バスケットボールBリーグは31日までに、2023~24シーズンの全日程を発表した。B1は昨季と同じ24チームで争われ、レギュラーシーズン(RS)は全60試合(ホーム30試合)で約7カ月にわたって熱戦を展開する。

 B2から昇格した佐賀と長崎を加え、今季も東、中、西の3地区制で争う。宇都宮ブレックスが所属する東地区は北海道、秋田、仙台、茨城、群馬、千葉J、A東京で昨季と顔ぶれは変わらない。

 

 RSでは同地区の7チームと4回戦(28試合)、他地区の16チームと2回戦(32試合)を戦う。ブレックスの開幕戦は10月7日午後3時5分から宇都宮市の日環アリーナ栃木で行われ、群馬を迎え撃つ。ホーム最終戦は来年4月21日のA東京戦(会場未定)、シーズン最終戦は5月5日の茨城戦(アダストリアみとアリーナ)に決まった。