新鮮な魚と土鍋炊きのご飯が楽しめる「お造りと焼き魚ランチ」

新鮮な魚と土鍋炊きのご飯が楽しめる「お造りと焼き魚ランチ」

 カウンター8席だけ。落ち着いた空間で供されるのは添加物不使用に徹底的にこだわり、心と体にうれしい料理の数々だ。

 「お造りと焼き魚ランチ」(1980円)は天然物を使った焼き魚と刺し身3種、小鉢4種、デザートがセットになっている。ご飯は市貝産コシヒカリの土鍋炊き、みそ汁のみそは自家製だ。

 この日の焼き魚は肉厚なホッケ。刺し身はインドマグロの中トロ、ヒラメ、締めさばだ。どれも素材の味が存分に引き出されているが、特筆すべきはご飯。一粒一粒が立ち、旨さと甘み、絶妙な炊き加減に箸が止まらない。ランチは前日の午後2時までに予約が必要だが、十分にその価値がある。

 代表の助川貴弘(すけがわたかひろ)さん(36)が2022年2月に開店した。コロナ禍をきっかけに、食を通して健康になってもらう店を目指したという。

 夜はコース料理と常時120種類ほどを取りそろえる純米系日本酒との「ペアリング」が楽しめる。「一例として炭酸ガスを入れるなど、お酒も“調理”してご提案します」。次はゆっくりと杯を傾けたい。

 ◆メモ 宇都宮市東宿郷2の14の7▽営業時間 午前11時半~午後2時(予約営業)、午後5時~午前0時(最終入店午後9時)▽定休日 不定休▽(問)028・680・7622