第100回全国高校野球選手権記念大会第2日は6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦が行われ、8年連続出場を果たした本県の作新学院は2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)と対戦し、1-3で敗れた。

 金星奪取はならなかった。作新の先発マウンドに立った主戦高山陽成(たかやまようせい)は変化球を駆使して初回を無失点に抑えたが、二回に犠飛で先制点を献上。三回から七回は佐取達也(さとりたつや)が粘りの投球で抑えたが、八回に3番手の林勇成(はやしゆうせい)が味方の失策も絡んで2点を失った。

 打線は初回、1番の横山陽樹(よこやまはるき)が左前打で出塁し、2死一、二塁の好機をつくったが、5番の磯一輝(いそかずき)主将は空振り三振。二回以降は大阪桐蔭の主戦柿木蓮(かきぎれん)の球威に押され、八回までわずか1安打に抑え込まれた。

 3点を追う九回に横山、篠田大輔(しのだだいすけ)の連打で無死一、二塁とし、4番沖龍(おきりゅう)の右前適時打で1点を返したが、反撃もそこまでだった。

 


【電子号外】作新初戦で散る(8月6日)