のざわ特別支援学校に入学した男児。両親は医療的ケア児を安全に受け入れるためのガイドライン整備を県教委に求めている=5日午後、宇都宮市内

 重度心身障害がある県央在住の男児(6)が今月、宇都宮市岩曽町の県立のざわ特別支援学校に新小学1年生として入学し、13日に初登校した。親の付き添いなしで通学させたい-。そう願う両親と栃木県教委との協議が難航し、入学の正式決定は3月にずれ込んだ。県教委によると、人工呼吸器を常時装着し親と離れて通学するのは、県内ではまれだ。母親(36)は「教育の在り方を決めつけるのではなく、病気や障害がある子に柔軟に対応してほしい」と訴えている。

 「絶対に学校に行かせてあげるからね」。黒色のランドセルの購入予約をした昨年12月、母親は男児とそう約束した。自分自身にとっては“誓い”のような思い。親が付き添わない教室で、男児が友だちと過ごす学校生活を思い描き、実現に向けて奔走した。