福田亮警部

 記者 福田警部、昨年の特殊詐欺の発生状況を教えてください。

 福田警部 前年比33.8%(69件)減の135件でした。減少率は過去10年で最大です。さまざまな口実でキャッシュカードを別のカード類とすり替えて盗むキャッシュカード詐欺盗が30件減の52件、キャッシュカードなどをだまし取る預貯金詐欺が34件減の21件と大きく減りました。

  要因は何ですか。

  現金やキャッシュカードを被害者から受け取る受け子の相次ぐ摘発や、官民一体の取り組みにより、キャッシュカードをだまし取る手口の周知が進んだ結果とみています。

  被害額はどれくらいでしたか。

  被害額は約2億7137万円に上り、依然深刻な情勢です。このうち、おれおれ詐欺が約1億4618万円を占め、1件ごとの被害額も高額でした。今後は防犯機能付き電話機の普及促進といった抑止対策を一層強化していきます。