福田亮警部

 記者 福田警部、特殊詐欺の中ではどんな手口が一番多いでしょうか。

 福田警部 県内では今年、キャッシュカード詐欺盗の手口が最多となっています。8月末までに発生した特殊詐欺98件のうち、43件と約44%を占めています。

  どんな手口か具体的に教えてください。

  犯人は警察官や銀行員らを名乗り「キャッシュカードが不正利用されている」とうその電話をかけてきます。続いて自宅を訪れ、「新しいカードにするまで封印してください」などと言ってカードを封筒に入れさせ、隙を見て別のカード類が入った封筒とすり替えるのです。途中で暗証番号を書かせたり、聞き出したりしてきます。

  すり替えるのはどういう狙いでしょうか。

  被害者にカードが手元にあると思い込ませることで、犯人は現金を引き出す時間を稼げるのです。「押印が必要」と言って、被害者が室内へ印鑑を取りに戻った隙などを狙ってきます。