試合を重ねて成長した作新学院が再び夏の頂点に輝いた。

 作新学院は勝負どころで打線が本領発揮。打率4割2分9厘の平塚恵叶(ひらつかけいと)や3割8分9厘の相場秀三(あいばしゅうぞう)らを中心に好機を着実に得点へつなげた。投手陣はエース井上力斗(いのうえりきと)の負傷でできた穴を林拓希(はやしひろき)、佐藤優成(さとうゆうせい)の2人を中心に乗り切った。昨年の3年生の分も甲子園で持てる力を存分に発揮してほしい。