県内で2013~17年の過去5年間に交通事故で死傷した高齢歩行者は933人に上り、区域(丁目など)別にみると、日光市今市が11人と最多だったことが21日までに、県警のまとめで分かった。続いて多かったのは、足利市朝倉町と鹿沼市千渡の9人だった。事故の6割以上が自宅から500メートル以内で発生し、事故態様は歩行者側の法令違反が目立つという。県警は多発地域で集中的な街頭活動などに取り組み、事故抑止に力を入れる。県警が区域単位で事故を分析したのは今回が初めて。

 県警交通企画課によると、65歳以上の高齢者の歩行中の交通死傷事故は、県内全2326区域のうち、4分の1に当たる599区域で発生していた。5人以上が死傷した多発地域は14区域。同課の担当者は「いつも同じ所で事故が発生しているという印象はあった」と振り返る。多発地域の傾向や特徴は一概には言えないという。

区域別の高齢歩行者の交通死傷事故発生状況

市 町  区域  高齢歩行者・死傷者数
日 光  今市     11
足 利  朝倉町     9
鹿 沼  千渡      9
足 利  堀込町     8
日 光  鬼怒川温泉大原 7
     荊沢      7
上三川  上三川     7
宇都宮  鶴田町     6
足 利  田中町     6
栃 木  箱森町     6
さくら  桜野      6
宇都宮  御幸ケ原町   5
     中岡本町    5
足 利  大前町     5
栃 木  藤岡町藤岡   5
佐 野  堀米町     5