高校生向け
 
(C)下野新聞社 教育目的以外の無断転載、複製および頒布は禁止します

 

〈解説〉
 いろいろな記事を通して自分の体験していない世界に触れ、「どうして取り組んだのだろう」「どうやって困難を乗り越えたのだろう」などの疑問を持つことは、あなたが新しい世界を知る第一歩です。
 「『新聞を読んで』感想文コンクール」(下野新聞社主催)などを通じ、自分の言葉で主体的に記事と向き合うことは、あなたが身近な新しい世界に気づき、学びを深めるきっかけになります。以下を参考にぜひ取り組んでみてください。

〈「新聞を読んで」感想文コンクール・書き方のヒント〉
(1)~(4)の順に文章をつなげてみましょう。

(1)【記事の紹介】
 記事の話題を読者に説明しましょう。全般的な説明の他に、記事の中で特に自分が目を留めた点をはっきりさせると良いでしょう。
〈例〉私が取り上げた記事は~(見出しなど)~です。それは~(中身の要約)~というものです。その中でも特に私が関心を持ったのは~(目を留めた点)~です。
(2)【取り上げた理由】【記事を読んで疑問に思ったこと、関心を持ったこと】など
 「その記事が自分の中でどう響いたか」「自分が普段からどのようなことを考えていたか」「記事を読んだらどのような疑問が出てきたか」などを書きましょう。
〈例〉私がこの記事を選んだ理由は~だからです。
〈今回の記事を読んで出る疑問の例〉
・箱石さんができることには、どのようなことがあるのだろう。
・箱石さんはなぜ1人暮らしを始めたのだろう。

・ボランティアをどうやって延べ約400人も集めたのだろう。
・どの障害者も多くのボランティアに恵まれているのだろうか。
・ボランティアをする人にとっては何かいいことがあるのだろうか。

・日記を出版することは箱石さんにとってどのような意味があるのだろう。
・クラウドファンディングに賛同した人たちは、日記が出版されることにどのような意味を見いだしているのだろう。
(3)【記事を読んでの疑問への答え】【自分の見聞や経験】【見聞や経験を通して考えたこと、言えること】など
 記事中の言葉をインターネットなどで調べると、疑問の解答になるキーワードが出てきます。次のキーワードについて調べ、今回の記事の内容と結びつけてみましょう。
〈キーワード〉QOL(生活の質)、福祉、多様性、インクルージョン、ノーマライゼーション、バリアフリー、ユニバーサルデザイン
(4)【展望(今後どのような社会になってほしいか)】【課題(みんなで取り組むことはどんなことか)】など
 記事で紹介されていた取り組みは社会でどのような意味を持つのか考えてみましょう。また未来はどのような社会であってほしいか、記事のテーマに関連のあるものを挙げてみましょう。
〈例〉
 箱石さんが1人暮らしを実現できる社会であることが、障害者以外の人にとってどのような意味を持つのでしょう。次のキーワードを参考に考えてみましょう。
〈キーワード〉高齢社会、福祉、多様性、インクルージョン、人口縮退、労働人口
〈今回の記事に関連する理想的な社会の例〉
・社会的障壁による制限を受けない社会
・自分の意思を実現できる社会
(参考)
・「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」では、「障害と社会的障壁により生活に相当の制限を受けている者」を障害者と定義しています。