【那珂川】
 「とうとう落ちアユの季節がやってきてしまった」と、終盤の釣りに名残を惜しむ人も。茂木町の大藤橋周辺には産卵前の群れが見え、メスアユの腹は柔らかく膨れ、オスアユの中には真っ黒に婚姻色となった個体もある。一方、アユ釣りに代わり、那須烏山市のキャンプ場前周辺は、オイカワが蚊バリ釣りで釣れている。また、夜釣りでコイやウナギを狙うファンも。

【鬼怒川】
 10センチ級の大型カジカが特徴。夜行性で昼間は石の下に隠れていることから餌となるクロカワ虫やイクラを石の隙間から差し込んでアタリを待つ釣り方。塩谷町からさくら市にかけて分布しているが、近年、宇都宮市の柳田周辺でも見ることがある。一方、蚊バリ釣りでオイカワ釣りを楽しむファンもいて、こだわりの自作毛針を試すファンもいる。

【小倉川】
 カジカは管内の大芦川がポイント。ただ、全くアタリがない場所もあって生息場所を探すのが大変と地元ファン。1匹釣れたらその周辺を丁寧に攻めるのが効果的だ。オイカワは本城橋や清洲橋周辺が狙い。

【思川】
 オイカワを「ヤマベ」と呼ぶのが県南地区の特徴。小山市の黒本橋や両毛線鉄橋周辺では蚊バリ釣りで楽しめる。

【中禅寺湖】
 ワカサギは、湖畔の紅葉が映えるころ最高潮となる。中禅寺湖スペシャル仕掛けに紅サシ餌で水深5~7メートルを探る釣り方が効果的。10センチ級の大型交じりに300匹の釣果も。

【なら山沼漁場(小山市)】
 ルアーフライ専用の管理釣り場を「カンツリ」と呼び、秋から冬の釣りとして人気ジャンルだ。1日のオープンからフィーバーは続き、休日にはルアーをキャストする列ができる人気ぶりだ。天候によってアタリの出る層の違いもあって、それを探るのもテクニックのひとつだ。

【鬼怒川フィッシングエリア(宇都宮市岡本)】
 ルアーとフライでは擬餌バリを使う点で一致するが、本来、釣り方が違う。若い人にルアーファンが多く、フライは熟年層のファンが目立つのも特徴だ。時間帯や天候によって釣れるポイントに変化もある。