【問2】人口減少対策として最優先で取り組むべきテーマは何ですか。

 

(50音順)
※回答は選択肢から、理由は自由記述

 

名前
選択肢 理由
相沢康男
UIターン促進 アグリツーリズムを行い、新規就農者、レンタル農園などで市内の土地利用を促進して、新市民の増加を図る。
秋山幸男
地場産業活性化 働く場所がなければ、人は市外に流出してしまう。まちづくりは地場産業の活性化なくして実現できない。
石井統夫
雇用創出 地元で仕事を安定させることが第一。収入がしっかり確保できれば、心の余裕が生まれ結婚、子育てにつながる。
石川信夫
地場産業活性化 東の飛鳥という歴史と文化を生かし、観光を盛り上げ商売をする方法や、創造性豊かな若者を定着させていく。
石田陽一
子育て支援 他市町と比べて遅れているところが見られる。第3子から出産祝金がでているところも。支援充実が必要。
磯辺香代
雇用創出 転出者を減らし、転入者増とするために。
伊藤陽一
子育て支援 「まち、ひと、しごと」が元気になれば雇用も安定し、UIターンも進み、若者世帯の定着につながる。
大島昌弘
子育て支援 若い世代を応援していき、活力ある街にしていきたい。
岡本鉄男
雇用創出 人口減少対策として工業団地の造成や、企業誘致を進めて雇用創出をはかる。
奥田勉
子育て支援 定住促進に向け、出産費用の全額補助や、保育所の充実など子育てを優先し、企業誘致など働く場を増やす。
貝木幸男
結婚支援 市街化調整区域を宅地に変え、一般の人が家を建てやすくする。
五戸豊弘
子育て支援 子育てするには下野市といえる政策を実現する。学校給食費無料化、返済不要奨学金制度などで親の負担を減らす。
小谷野晴夫
子育て支援 若い世代の人たちが安心して欲しい子どもを産める支援と、教育費の負担軽減を図る施策を進めたい。
坂村哲也
子育て支援 出産、または育児中の家族、そして子どもたちをみんなで守るという意識をもち、安心できる政策の実施が必要。
高橋芳市
UIターン促進 自治医大駅周辺の市街化調整区域の土地を利用して、若者が定住できる環境を整備出来ないか。
高山和典
その他 人口減少対策には特効薬はないと考える。全体的、包括的な対策が必要。
中沢泉
子育て支援 核家族が一般的な現代社会にとって、子育てしやすい環境づくりからはじめる。
中村節子
雇用創出 下野市は住みやすく、子育てしやすいところだと思うが、住むための基盤としての雇用の創出が重要。
増山剛宏
子育て支援 住みやすい、子育てしやすい環境を作り、多くの子どもを産んでもらう。難題の人口増にもつながる。
松本賢一
子育て支援 子育て世代のすべての施策について、保護者負担の軽減策が必要。
村尾光子
子育て支援 安心して子どもを産み育てられる環境を整える。現金給付は国がすべきで地方自治体はサービスを充実させる。
柳田柳太郎
雇用創出 生活基盤となる雇用がなければ人口は増えない。出来れば核となる大工場の誘致が出来れば。