天皇、皇后両陛下は10日午後、即位を国民に披露する「祝賀御列(おんれつ)の儀」に臨まれた。皇居から赤坂御所までの約4.6キロをオープンカーでパレードし、沿道には祝福のため多くの人が詰め掛けた。当初は10月22日に「即位礼正殿の儀」に続いて行われる予定だったが、台風19号の被害に配慮し、政府が延期を決めた。両陛下のパレードは1993年6月の結婚以来。

 天皇陛下はえんび服に勲章を着け、皇后さまはロングドレスにティアラ姿。オープンカーで皇居・宮殿を出発し、皇嗣(こうし)秋篠宮ご夫妻や安倍晋三首相らがそれぞれ乗った車も加わった。

 車列は、皇居・正門を出て、警視庁や国会議事堂正門、自民党本部などの前を通り、住まいの赤坂御所へ。コースや周辺は交通が規制され、警視庁は厳戒態勢を敷いた。

 台風19号により広範囲で甚大な被害が出たことを受け、政府は10月18日の閣議で延期を決定した。両陛下も台風の被害に心を痛め、犠牲者を悼み、早期の生活再建を願う気持ちを発表している。

 5月の陛下の即位から続いた、国事行為としての「即位の礼」の一連の儀式は今回で終わる。今後は14~15日に皇位継承の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」などの行事が控えている。

ズーム 即位の礼 

 皇位継承を国の内外に示す国事行為としての一連の儀式。5月1日に「三種の神器」の一部を引き継ぐ「剣璽(けんじ)等承継の儀」、三権の長らを前に即位を宣言した「即位後朝見の儀」から始まった。各国首脳や賓客らを前に即位を宣言した10月22日の「即位礼正殿の儀」が中心儀式で、諸外国の国王戴冠式に当たる。天皇、皇后両陛下がオープンカーに乗ってパレードする「祝賀御列(おんれつ)の儀」は、台風被害に配慮し、同22日から11月10日に延期された。


【号外】両陛下 即位パレード 祝賀御列の儀=表面(2019年11月10日)
【号外】両陛下 即位パレード 祝賀御列の儀=裏面(2019年11月10日)