来春のセンバツ甲子園につながる第72回秋季県高校野球大会(県高校野球連盟主催、下野新聞社など後援)最終日は24日、清原球場で決勝を行い、青藍泰斗が5-4で文星芸大付属にサヨナラ勝ちし、葛生時代の1997年以来、22年ぶり3度目の優勝を飾った。

 青藍泰斗は2点を追う六回、主砲佐々木康(ささきこう)の犠飛と8番小太刀健斗(こたちけんと)の内野ゴロで同点。3番手で登板した左腕大金裕人(おおがねゆうと)が七回以降を無失点にしのぐと、九回は小太刀の内野安打を足場に1死満塁とし、3番石川慧亮(いしかわけいすけ)の左犠飛でサヨナラ勝ちした。

 文星芸大付属は初回、3番佐藤真也(さとうまさや)の右前適時打で先制。1点を追う四回は1番高野魁(たかのかい)、盛下瑠唯(もりしたるい)の連続長短適時打で逆転に成功するなどしたが、終盤にあと1点を奪えなかった。

 関東大会は19~27日に群馬県で開かれ、青藍泰斗は22年ぶり(5度目)、文星付芸大付属は4年ぶり(15度目)に出場する。

【電子号外】青藍泰斗が22年ぶりV