2回、マウンドに集まり古内投手(中央)を励ます栃工ナイン=埼玉県営大宮公園野球場

1回、栃工・渡辺捕手が春日部共栄の三走・平尾を本塁でタッチアウト=埼玉県営大宮公園野球場

2回、マウンドに集まり古内投手(中央)を励ます栃工ナイン=埼玉県営大宮公園野球場 1回、栃工・渡辺捕手が春日部共栄の三走・平尾を本塁でタッチアウト=埼玉県営大宮公園野球場

 第71回春季関東地区高校野球大会第2日は19日、埼玉県営大宮公園野球場ほかで2回戦の残り6試合を行い、栃工(本県2位)は春日部共栄(埼玉1位)に0-11で五回コールド負けを喫し初戦で姿を消した。

 栃工は初回、先発左腕の古内大陽(ふるうちたいよう)が相手打線に捕まったうえ、守りの乱れも生じ一挙4点を奪われた。二回は3長短打で4点を献上、序盤で試合を決められた。

 打線は二回に西田颯斗(にしだはやと)の左中間安打と犠打で1死二塁の好機をつくるも後続が二ゴロ、一邪飛と凡退。三回にも佐藤隼平(さとうじゅんぺい)の中前打と盗塁でつくった1死二塁の好機を生かせず、散発4安打で無得点と振るわなかった。

[19春関東]2回戦 春日部共栄(埼玉1位)11-0栃工(栃木2位)

◇栃木県高校野球特集