観覧エリア新設のため実施された花火の試射=26日午後6時15分、宇都宮市道場宿町

 全国各地で梅が見頃を迎えている早春、県都の夜に季節外れの花火が咲いた。

 夏の風物詩「うつのみや花火大会」を運営するNPO法人「うつのみや百年花火」(斎藤芳哲(さいとうよしのり)会長)は26日夜、同大会観覧エリアの拡大に向け、宇都宮市道場宿町の鬼怒川河川敷で花火玉の試射を実施した。