【電子号外】国学栃木が初戦突破 3投手継投で逃げ切る センバツ

 第90回記念選抜高校野球大会は23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕、本県の国学栃木(18年ぶり4度目)は1回戦で英明(香川、3年ぶり2度目)と対戦し、3−2で競り勝った。

 国学栃木は初回1死一塁で、3番青木寿修(あおきひさなが)中堅手の右前打が敵失を誘う間に、1走大栗拓也(おおぐりたくや)左翼手がホームインして先制。三回は先頭の1番近藤翔真(こんどうしょうま)遊撃手が左翼線二塁打で出塁し、2死一、二塁から5番毛塚大陽(けづかたいよう)右翼手の右中間を破る2点適時三塁打で2点を追加した。

 投手陣は毎回走者を背負ったが3投手の継投で逃げ切った。先発の右腕エース水沢龍太朗(みずさわしょうたろう)が序盤3回を無失点。四回に押し出しと投直内野安打で2点を返されたが、なおも1死満塁で2番手左腕渡辺匠(わたなべしょう)が好救援し、併殺に抑えた。七回からは左腕宮海土(みやかいと)が登板し、そのまま逃げ切った。

 国学栃木は大会第5日27日の第2試合(午前11時半開始予定)で延岡学園(宮崎、12年ぶり3度目)と2回戦で対戦する。


【電子号外】国学栃木が初戦突破(3月23日)

※閲覧にはAdobe Readerが必要です。