【電子号外】女子マススタートで高木菜が金 カーリング女子は銅

【電子号外】女子マススタートで高木菜が金 カーリング女子は銅

 【平昌共同】平昌(ピョンチャン)冬季五輪第16日の24日、スピードスケートの女子マススタートで高木菜那(たかぎ・なな)(25)=日本電産サンキョー=が優勝し、21日の団体追い抜きに続く金メダルを獲得した。日本の女子が同一大会で「金」2個を手にするのは、夏季五輪を含めて初めて。男子は1998年長野五輪でスキー・ジャンプの船木和喜(ふなき・かずよし)(フィット)がラージヒルと団体で獲得している。

 日本の金メダルは今大会4個目で、冬季通算14個目。

 大勢が一斉に滑るマススタートは、今大会で採用された新種目。高木菜は昨年の世界距離別選手権でこの種目2位に入った。団体追い抜きなど3種目でメダルを獲得した高木美帆(たかぎ・みほ)(23)=日体大助手=は妹。

  ◇   ◇

 【平昌共同】平昌(ピョンチャン)冬季五輪第16日の24日、カーリング女子3位決定戦でLS北見の日本が英国を破り、この競技で男女を通じて初メダルとなる「銅」を獲得した。日本のメダルは今大会13個目。

 女子は1998年長野五輪から6大会連続で出場し、長野と前回ソチ五輪の5位が最高だった。主将の本橋麻里(もとはし・まり)(31)が創設したLS北見は2016年の世界選手権で2位の実績を持つ。五輪は初出場で、藤沢五月(ふじさわ・さつき)(26)、鈴木夕湖(すずき・ゆうみ)(26)、吉田知那美(よしだ・ちなみ)(26)と夕梨花(ゆりか)(24)の姉妹で戦った。

【電子号外】女子マススタートで高木菜が金(2018年2月24日)

※閲覧にはAdobe Readerが必要です。

【号外】羽生が連覇、宇野は「銀」=表面(2018年2月17日)

【号外】羽生が連覇、宇野は「銀」=裏面(2018年2月17日)

※閲覧にはAdobe Readerが必要です。