【号外】海老沼銅 一本また一本 中山決勝逃す イチロー3000安打

【号外】海老沼銅 一本また一本 中山決勝逃す イチロー3000安打

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪第3日の7日、柔道は2階級が行われ、男子66キロ級で小山市出身の海老沼匡(えびぬま・まさし)(パーク24)は準決勝で敗れ、3位決定戦ではブシャール(カナダ)に一本勝ちし、2大会連続の銅メダルを手にした。バシレ(イタリア)が優勝した。

 女子52キロ級は3大会連続出場の中村美里(なかむら・みさと)(三井住友海上)は3位決定戦で延長の末にミランダ(ブラジル)に優勢勝ちし、銅メダルを獲得した。準決勝で中村に勝ったケルメンディが優勝し、五輪初参加のコソボに初の金メダルをもたらした。

 海老沼匡の話 準決勝では気持ちの部分で負けてしまった。あそこで踏ん張れなかったのが敗因。金メダルを取って(妻と)一緒に喜びたかったが、力不足だった。

 

 中山決勝逃す

 女子クレー・トラップ予選で小山市生まれの中山由起枝(なかやま・ゆきえ)(日立建機)は61点で20位に終わり、敗退した。

 女子エアピストルの佐藤明子(さとう・あきこ)(警視庁)も予選で369点の42位と振るわず、決勝に進めなかった。張夢雪(ちょう・むせつ)(中国)が決勝で199・4点を出し、優勝した。

 中山由起枝の話 集大成と思ってきた。悔いなくやり終えられるように臨んだ。緊張した。メダルって簡単にはいかない。五輪って難しい。

 

 イチロー3000本安打

 【デンバー(米コロラド州)共同】米大リーグ、マーリンズのイチロー外野手(42)=本名鈴木一朗(すずき・いちろう)=は7日、敵地のコロラド州デンバーで行われたロッキーズ戦の七回に右越え三塁打を放ち、史上30人目となるメジャー通算3千安打を達成した。米国野球殿堂入りの目安とされる金字塔で、将来的に日本選手で初めて殿堂入りを果たすことがほぼ確実となった。

 2001年にマリナーズに入団し、3千安打達成者の中で最も遅い27歳のデビューから16年目でクリアした。16シーズンでの3千安打到達は、通算4256安打の最多記録を持つピート・ローズに並ぶ最速タイ。近代野球とされる1900年以降では、リッキー・ヘンダーソンの42歳286日を4日更新して最年長での到達となった。




⇒リオ五輪特集はこちらから