【号外】陛下、退位に強い思い 国民にビデオで表明

 天皇陛下は8日午後3時、象徴としての務めについてのお気持ちをビデオメッセージで表明し、生前退位の実現に強い思いを示された。82歳となり、次第に進む体の衰えを考慮し「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが難しくなるのではないかと案じています」と語り、国民に理解を求めた。

 公務の重要性を強調し「象徴天皇の務めが安定的に続いていくことをひとえに念じる」とした。

 実現には、皇室典範の改正などが必要となる。政府は既に水面下で検討を進めており、法整備に向けた議論が本格的に始まる見通しだ。

 憲法上、天皇は国政に関する権能がないため、陛下は「現行の皇室制度に具体的に触れることは控える。個人として考えたこと」と断った。

 今回の表明の契機として、2012年に受けた心臓の冠動脈バイパス手術後に体力低下を覚えるようになり「従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるか考えるようになった」と明かした。

 公務の負担軽減策による対応には「国事行為や、公務を限りなく縮小していくことには無理があろう」と言及。天皇の心身が重篤な場合に置ける摂政には「天皇がその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはない」と否定的な考えを示した。

象徴の姿に願い込め 現状への苦悩もにじむ

 「国民の理解を得られることを切に願っています」。象徴天皇の望ましい姿を常に求め続けてきた天皇陛下が国民に語り掛けたのは、象徴としての務めの重さと、その在り方が今後も続いてほしいとの強い願いだった。

 7月に生前退位を巡る動きが表面化し、国民に大きな衝撃が広がった。宮内庁は陛下のお気持ちを発信する時期や方法の検討を重ねた。幹部は、憲法の規定との兼ね合いから「陛下が憲法を順守する姿勢は変わらない。最終的には陛下の伝える言葉から(退位を巡る気持ちを)判断してほしい」と説明してきた。

 今回、陛下自身の言葉で天皇の務めとして語られたのは「国民の安寧と幸せを祈ること」、そして「人々の傍らに立ち、寄り添うこと」だ。そのために皇后さまと実践してきた各地への旅で「大切な務めをなし得たことは幸せなことでした」と、これまでの歩みを振り返った。

 今後、そうした役割を果たせなくなったとしても天皇であり続けなければならない現状への苦悩をにじませ、「これからも」「どのようなときにも」と述べて、築いてきた象徴の務めが「常に途切れることなく、安定的に続いていくこと」を願った。

 陛下の活動を皇太子時代から見守ってきた元側近は「陛下は常に自らの言葉がどのように受け止められるのか、深く意識して発言してきた。今回も同様だ」と話した。


【号外】陛下、退位に強い思い(8月8日)

※閲覧にはAdobe Readerが必要です。