第71回秋季県高校野球大会兼関東地区大会県予選(県高校野球連盟主催、下野新聞社など後援)最終日は1日、清原球場で佐野日大-作新学院の決勝を行い、佐野日大が2-1で逆転勝ちし、5年ぶり6度目の優勝を飾った。作新学院は2年連続で準優勝。

 佐野日大は1点を追う三回、佐藤浩之(さとうひろゆき)の遊ゴロ併殺崩れの間に同点とし、さらに主砲橋浦大知(はしうらだいち)の中犠飛で逆転に成功。守っては先発した右腕主戦松倉亮太(まつくらりょうた)が7回を1失点に抑え、八回からリリーフした左腕の松本翔大(まつもとしょうた)が無失点にしのいだ。

 2年ぶりの優勝を狙った作新学院は初回、1死一、二塁から主砲坂主清(さかぬしきよし)の左前適時打で先制したが、その後は好機を生かせず無得点。四回以降は佐野日大打線を無失点に抑えた投手陣を援護できなかった。

 佐野日大、作新学院の両校が出場する関東大会は、20日から甲府市の山日YBS球場で開催される。


【電子号外】佐野日大5年ぶり優勝(10月1日)