【鹿沼】市雇用・移住・定住促進協議会は、新たに起業を目指す人を対象とした「かぬま起業塾」を10月から開く。参加者を県内から募集している。

 協議会は市、鹿沼公共職業安定所、鹿沼商工会議所、粟野商工会で組織。対象は(1)起業したいが方法が分からない(2)経営の基礎を一から学びたい(3)売れる販促ノウハウをマスターしたい-などの人で個別支援を行う。

 10月13日から始まり12月1日までの毎週土曜日(11月17日除く)、計7回を予定している。会場は鹿沼商工会議所。

 講師はファーマーズ・フォレストの松本謙(まつもとゆずる)社長ら県中小企業診断士会所属の診断士7人。創業への心構え、経営理念の描き方から始まり、収支計画、労務管理、最後に創業計画書の発表会を行い修了となる。同商議所の担当者は「受講時はもちろんのこと、創業・創業後も担当経営指導員を配置するのが本講座の特徴」と話す。

 定員は先着10人で費用は5千円。(問)同商議所0289・65・1111。