8回、作新大の田口が右中間に勝ち越しの2点適時二塁打を放つ=白鴎大野球場

作新大-白鴎大1回戦 8回裏2死二、三塁、作新大の田口が右中間に勝ち越しの2点適時二塁打を放つ=白鴎大野球場

8回、作新大の田口が右中間に勝ち越しの2点適時二塁打を放つ=白鴎大野球場 作新大-白鴎大1回戦 8回裏2死二、三塁、作新大の田口が右中間に勝ち越しの2点適時二塁打を放つ=白鴎大野球場

 関甲新学生野球秋季1部リーグ第3節は16日、小山市の白鴎大野球場ほかで白鴎大-作新大1回戦など計3試合を行い、作新大が7-5で白鴎大に競り勝った。

 作新大は四回、無死一、三塁から5番照井拓弥(てるいたくみ)(宇南)の犠飛で1点を先制すると、1点を追う五回に北間康平(きたまこうへい)(足利南)の適時打などで逆転。2点を追う八回は細野誠太(ほそのせいた)(群・伊勢崎商)、水口皇紀(みずぐちこうき)(作新)、田口琢磨(たぐちたくま)(栃工)の長短適時打で4点を奪い、再び逆転した。

 先発の小林晃也(こばやしこうや)(矢板中央)は5点を失いながらも粘り強い投球で完投。白鴎大は五、六回と二度にわたって逆転に成功したが、投手陣が踏ん張れなかった。

 白鴎大-作新大の2回戦は17日午後0時半から同球場で行われる。