「人・キャラクター」「食べ物」「スポーツ関連」「場所・地名」に分類されない「その他」は153票を集めた。乗り物や祭り、栃木弁など有形無形の「好き」を多く寄せていただいた。

 幅広い回答の中で、2位を大きく離した1位は「自然・動物」(49票)。山や川などの雄大な自然や、清らかな水と空気、多種多様な動物が生息することなどが多く人の心をつかんだようだ。

 2位に入った「土地柄」(17票)、3位の「住みやすさ」など、形や数字だけでは表せない魅力がランクインしたことも特徴。災害が少ないことや、日常生活に必要な施設がそろうこと、観光地が多くあることなどを評価している県内在住者は少なくない。

 若い人を中心に鉄道関係も13票を集めた。真岡鉄道やSL大樹といった観光客に人気の路線や車両のほか、よく利用していた地元の駅を挙げて「青春が詰まっている場所」と思いをはせる声もあった。

 栃木県に魅力を感じるあまりか、「好きなものが多過ぎる」といった愛があふれる回答も。「下野新聞」という回答も頂き、社員一同励みになった。