那須雪崩事故で死亡の毛塚教諭、両親癒えぬ悲しみ 念願の担任も夢半ば

 「山の経験はなく、生徒と同じ講習を受ける側だった彼がなぜ先頭の班になったのか」。那須町の国有林で起きた雪崩事故で犠牲になった大田原高山岳部顧問の毛塚優甫(けつかゆうすけ)教諭(29)。事故発生から27日で1カ月になるが、父辰幸(たつゆき)さん(65)、母愛子(あいこ)さん(59)=栃木市都賀町=の胸中には事故への悔しさ、疑問が募る。

 3月27日夜、搬送先の病院で、冷たくなった優甫さんの体を両親はさすり続けた。死亡を伝えられても、何度も何度も呼び掛け、さすり続けた。

 母校の栃木高の国語の授業が楽しく、高校教師を志した。小学2年から剣道一筋で、高校の剣道部顧問になるのが夢だった。県内の教員にこだわり、3度目の新採教員選考試験で合格。「やったよ。本当にほっとしたよ」。はにかみながら喜ぶ顔が、両親の脳裏に焼き付いている。

 初任校の大田原高で任されたのが、剣道部第2顧問と山岳部第3顧問。生徒に慕われ「忙しいけれど毎日が楽しい」と充実した様子だった。

 一方で、山への興味は薄そうだと両親には見えていた。「生徒と同じ、講習を受ける側だった」と辰幸さん。事故時は先頭の班にいて、巻き込まれた。

 山岳は命にかかわる部活。なのに安全対策は万全だったのか、疑問は尽きない。「7年前の講習会でも雪崩に巻き込まれていたというのに…」と愛子さん。

 両親は自宅で毎日、優甫さんの遺骨と向き合っている。事故現場にはまだ、足を運ぶ勇気がない。

 愛子さんはつぶやいた。「かわいそうで、どうしようもない」