歯科器具を研磨するシオダ本社工場=那須烏山市東原

ヒット商品の抜歯器具「テンポラリークラウンリムーバー」

歯科器具を研磨するシオダ本社工場=那須烏山市東原 ヒット商品の抜歯器具「テンポラリークラウンリムーバー」

 歯科医療器具製造のシオダ(那須烏山市東原、塩田信吾(しおだしんご)社長)は、精密金属加工で培った技術力を生かし、歯科以外の器具製造を強化する。現在、売上高は98%までを歯科関係で占めるが、5年後をめどに他の医療器具、一般器具のウエートを10~15%に引き上げる考えだ。

 同社は抜歯や補綴物(ほてつぶつ)(詰め物)を外す際に使うプライヤー(鉗子(かんし))、患部を治療するエクスプローラー(探針)、歯石などを除去するスケーラーなど治療用、矯正用、技工用の歯科インスツルメント(手用器具)を相手先ブランドによる生産(OEM)で製造する。年間売上高は約6億円。この分野で国産メーカーとしては、国内2番目のシェアを誇る。